林原めぐみ全盛期に見た思い出! スレイヤーズ

私が小学生ぐらいの頃だったでしょうか、
いわゆる特撮ものである○○レンジャーとかウルトラマンといったものとは別に自分が楽しんでみていたのが魔法モノ!
その中でも後の自分のアニメのルーツと言えるのが林原めぐみさんが主役声優であった『スレイヤーズ』
富士見ファンタジア文庫から1990年に刊行されたライトノベルをアニメ化したもので、
当時はライトノベルなんて知らなかったしそういった原作があるものだとは知らず見ていました。

王道モノの勧善懲悪とは一味違った「世界は私のためにある!」というような超わがままな主人公が仲間たちとともに
冒険する姿は爽快でした。自分が欲しいものがあれば相手の都合なんておかまいなしに魔法をぶっ放して手に入れちゃうなんて
とても型破りでしたね。なによりもそのキャラクターに林原さんの声がとっても合っていました。
「どぎゃー!」とか「ばばーん!」みたいな効果音を自分で言っちゃうような台詞でも違和感がないというか
とても作品に味が生まれるんですよね。そういったおとぼけな一面と対照的な魔法を出すための詠唱と言われる場面では
何か難しい言葉を並べてどでかい魔法をぶっ放すのにはわくわくしましたね。
当時はみんなあの詠唱を自分で口にして真似した人も多かったのでは・・・。
一応、相棒的な役割の仲間とちょっとした恋愛要素もあるんですが、いまでいうツンデレというか
ツンツンツンデレぐらいのたまーにしか自分に正直にしかなれない姿がまたいいんですよね。
デコボココンビでありながらお互いを大切に想っている姿は後半になれば自然と伝わってきます。

人気のあったコンテンツであったため、その後もシリーズ化されて映画化もされましたね。
ゲームもたくさん出てて当時一番メディアミックス化された作品だったのでは?と思います。
その後の林原さんの活躍は言うまでもないですね、自分はラジオで送ったハガキが読まれたのが一番の思い出です。
あの林原さんの声で自分の名前が!と驚きました。ペンネームにすることを忘れてたのが逆に良い思い出になりました。

現代におけるツンデレ系キャラの元祖までとはいいませんが(めぞん一刻の管理人さんとかもいまで考えればツンデレ系ですよね)
林原さんの演じるキャラクターが現代に残したものは大きかったと思います。
『らんま1/2』での女らんまのような男の子っぽいキャラや『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイのようなキャラ、
はたまた『ハローキティ』のキティちゃんの声まで演じられていますもんね。

声優さんがCDを出してライブをやるといった形は今では普通になりましたが
声優さんのCDで当時あんなに売れていた人っているのかなっていうぐらいCDたくさん出されてましたよね。
ご本人は「声優はあくまで声を演じる仕事」ということでライブやテレビに出ることはあまりありませんでしたが
アニメにおける声優のいまを作った人物だと思います。
そんな彼女の代表作ともいえる『スレイヤーズ』が私にとっての一番思い出のアニメですね!女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較

私の中でヒットした漫画です

私の中で大ヒットした漫画はテラフォーマーズです。テラフォーマーズは大変人気な漫画作品で、テラフォーマーズ、テラフォーマーズリベンジと二回ほどアニメ化もされています。又最近では伊藤英明さん主演で実写化もされたくらい大ヒットの漫画です。
あらすじは簡潔にまとめると人間が火星に移住出来る環境を作るために、大量のコケとゴキブリを火星に放ちます。しかしゴキブリが想像以上に成長を遂げ、人間に襲いかかるというなんとも不気味な話です。しかし呼んでいくうちにその世界観にかなりのめり込むことが出来ます。実際、火星移住問題などメディアに取り上げられてた時代もあったので現実に起こりうるのではないかとハラハラしながら読める作品です。
又、作中で登場する人物一人一人がかなり個性が強く、主人公だけではなくその脇役や適役などどのキャラも印象に残ります。
なにより驚かされたのが進化を遂げたゴキブリのIQの高さと強さです。
とても優秀なゴキブリとそれに対抗すべく人間を人間ではなくさせてしまった者たちとの壮絶なる戦いが非常に私の心を揺さぶりました。
アニメも漫画も実写化もどれを見ても損はない作品ではないかと思い、是非オススメしたいと思いました。BIHAKUは効果ない?嘘?

アニメ作品として、全てのクオリティが高い!

 今回はアニメ「未確認で進行形」について語りたいと思います。
 こちらの作品は2014年1月~3月に掛けて放送された、まんが4コマぱれっとにて連載中の4コマラブコメ漫画を原作としたアニメとなります。
 良作と呼ばれるアニメに必要なものは何なのか、これには様々な意見があります。作画、シナリオ、演出、演技、キャラクターデザイン……原作付きのアニメなら原作に忠実か否かも、毎回のごとく話題に上がると思います。私はどちらかというと、シナリオに重きを置くタイプです。(勿論、それだけ良ければ構わないというわけではありませんが)
 しかしながらこのアニメでは、それら全てが高いクオリティで保たれています!「月刊少女野崎くん」などでおなじみの制作会社、動画工房さんによって終盤まで一切崩れず動きまくる作画、4コマ漫画を30分アニメの枠に過不足なく収める構成、可愛らしいキャラデザと、新人とは思えない演技を聞かせて下さるメイン3人の声優陣に加え、ラブだけでなくコメディ部分も素晴らしく、最後のオリジナル回も上手くまとめられていて、気持ち良く視聴を終えられます。これほどまでにバランスの良いアニメは、そうないと私は思っています。
 私はアニメから入った側なのですが、これを機にブルーレイだけでなく、原作も買い続けています。4コマ漫画の単行本は年に1度しか出ないので、続きが気になって本誌も買ってしまっているくらいです。脳内ではアニメの声がそのまま再生されるほどの中毒っぷりは、自分でもどっぷり浸かり過ぎたなと思いますが、ラブコメや可愛いキャラクターが好きな方には自信を持ってお勧め致します!
 また、主演声優の3人はそれぞれタイプの全く違う方々ですので、声優に興味のある方は一度調べてみて下さい。3人のうち、どなたかは好きになれるかと思います。彼女達の歌うOPとEDも中毒性の高い楽曲ですので、お勧め致します。ヤりたい人だけ必読をおすすめします

各種気がある私達の人生のテキスト

先ず、俺が影響を受けたコミックと言ってもその作品ごとにみなさん違う理念に沿って異なる訴えをするのがコミックとしてアピールのひとつとも呼べるから、捉え受ける場合も様々あります。
だけど、その中であっても俺に効果と呼べるまでのタイプを与えてくれた作品は、見方そのものを変えても二つ程あります。先に表題だけを言うと、ひとつ目は『D.C.Ⅱ』(ダ・カーポⅡ)であり、二つ目は『秒速5センチメートル』だ。
最初にD.C.Ⅱと一応その続編に接するD.C.Ⅱs.s.についてですが、こういう作品は多少ファンタジックな題材を組み込む学園異性物でありました。正直な話、それまでの俺はそんなコミックを確かめる仕方に対して少し嫌遠していたのですけど、当初はただ何となく暇潰しに観戦していただけだったのに、こういう作品の印象・品格らの魅力などに引き込まれていきました。
そうして楽しみながら見ていた中、作品中です一大事を切っ掛けとしたケンカの後半…メイン人公が実情自体から消え、親族や友人らの体験からも消えて逝ってしまいました。その際の組み込み歌、『消えないで…』と、目の前で消えゆきながら「有難う」と口にするメイン人公へ泣き叫びながらも駆け寄るヒーロー…そして、拳固が触れみたいになる直前で完全に消えてしまうメイン人公。
最後の、1人で泣き伏せるヒーロー空へ向かった悲鳴…「○○君を、返してよー!!」と…その日俺は、生まれて初めてコミックで涙しました。
人にこういう様な熱気を達する物が、コミックにも在ることをわかることが出来ました。
それからコミックを見るようになった俺が別の意味で感銘を受けた作品、それが秒速5センチメートルでした。
こういう作品を視聴する頃には、コミックを見つつその作品の理念・訴え・台本性などの規格自体も重視していました。
その上でもこういう秒速5センチメートルは、全3話構成という短いものでありながらもその構成、お出ましキャラクターの科白がなくとも分かる心理写生。最後に漂う物悲しさ等々…一切、ありとあらゆるイメージに措いても全部が別状況でした。
その構成の巧さ、科白回し、キャラクターの取り回し方、講話がそう働く起点などはもう…脱帽ものです。
こういう作品には人の異性・生育・ケジメ・人前自体等々色々と行き渡るタイプが多いですが、範疇こそは一応異性ですかと評論できます。しかしその規格については…まだ私の筆舌では尽くしにくいので触る事項こそ出来ませんが、皆さんにも正邪に観戦を御求め致します。
それと、こういう話の巧さに魅せられた俺は秒速5センチメートルの観戦を切っ掛けに人を魅せる話を書いてみたいと思う様になり、もう1たびD.C.ⅡとD.C.
Ⅱs.s.も付け足し、そんな熱気を自分も書きたい・魅せたいと一層著しく感じて…
今では、好みでこそありますが…雑誌を書くようにまでなりました。