胸が横に広がっていて…

自分では思ったこともなかったのですが、友人とお風呂に行った時、ブラジャーを外した私の胸を見るやいなや、「いつも寄せてるから大きく見えてたけど、実際は大きくないのに寄せてただけだね」といわれてしまいました。私はそんなに寄せているつもりはなかったのですが、気になってしまい、自分の胸の形と他の子の胸の形を見比べるとやたら自分の胸が横に広がっていることに気づきショックを受けました。

実は、修学旅行で水着になった時に男子からこっそり「お前って案外スタイルいいんだな、胸でかくてびっくりした」といわれて密かに自信をもっていたのに、いざ下着を外したら相撲取りの様な胸だなんて、、、。自信があっただけに余計落ち込みました。

ブラジャーのサイズが合っていないのかとか、寝るときに横に向かって垂れてしまうからなのかとか、いろいろ考えて試してみてはいるんですが、最初のうちは若干形が良くなったように見えても時間が過ぎるにつれてまたもとの変な形に戻っていってしまいます。

お風呂が好きなのに、友達と一緒に行くことも出来なくなったし、1人でお風呂に行っても、通り過ぎていくおばあさんの垂れた胸を見て自分もあんな胸になってしまうのだろうかとか余計なことを考えてしまってリラックスできません。友達でバストアップサプリを飲んで胸が大きくなった人はいますが、バストアップサプリを飲むと胸の形も良くなるのでしょうか・・少しでも胸の形がよくなるなら試してみたいんだけどな。

私のコンプレックス

私の昔からの身体のコンプレックスは胸です。胸の悩みというと、大体が女性の悩みだと思っていると思います、しかし男性でも胸がコンプレックスの人は意外と多いのです。

その私のコンプレックスとは、男性なのに女性の胸の形みたいなのです。それで、小さい時や、学生時代は体育の着替えとプールの時間が本当に嫌でした。具体的にいうと、筋トレをやっていて胸に筋肉がついている膨らみではなく、女性のAカップほどの大きさで膨らみ方も女性の胸そっくりなのです。

まず最初に胸をコンプレックスだと意識しだしたのは、小学校高学年の時でした。プールの時間と時に、友達に言われたのがきっかけでした。それまでは自分の胸をあんまり意識して見ていませんでしたし、体系的に痩せていたのであまり目立ってなかったのだと思います。しかし小学校高学年から太り始めたので、それをきっかけに胸が膨らみ始めた気がします。

中学、高校でもみんなに言われ続けたので大学でダイエットと筋トレに励みました。ダイエットをして体重を落とし、筋トレをして胸に筋肉をつけましたが、完全には直りせんでした。しかし前よりかは大分良くなりましたし、目立たなくなったので、人に言われることも少なくなりました。

きれいな形になりたい

胸の悩みで一番気にしているのは形についてです。もともとはそんなに形は気にしていなくてとりあえずつけているという状態でした。ある時下着屋さんでサイズを測ってもらったら、それまでつけていたサイズから実際は2カップくらい上のものでした。それまで小さいサイズのものを付けていたせいで、脇流れがしているとのこと。これは今でも無理やりブラジャーに入れてもきれいに収まらず悩みの種です。

しかも胸のサイズも右と左で2サイズくらい違うのも気になります。ブラジャーは大きい方の胸にサイズを合わせるのですが、小さい方はスカスカになってしまうのでパッドでボリュームを調節しなければいけないのがすごく嫌です。パッドだとどうしてもかたちが不自然になってしまうのでできれば左右同じ大きさになったらいいいなと思います。

また、出産のせいもあってか、本当に胸のボリュームがなくなりました。特に胸の上の方とかデコルテにボリュームがなくなって、旦那にスキーのジャンプ台みたいだねと言われてすごくショックでした。胸元が開いた服を着ても、ぺったんこですごく寂しく見えるのでもう若いころの張りはないんだなぁと鏡を見る度になんだかがっかりしてしまいます。

母のせいで胸のコンプレックス

私はいつも母に比べられてきました。若い頃にはモデルもやっていただけあり、母はすごくキレイな人です。これは認めます。でもすごく性格が悪いと思いました。いつでも娘の私のコンプレックスを刺激してきます。特に胸に関してのコンプレックスが母のおかげですごく刺激されました。

私は母とは全然似ていません。どちらかというと父方の祖母に似ているらしいです。自分のことを不細工だと思ったことはありませんし、まあまあそれなりの顔だと思っています。でも昔から何かにつけて母が私のことを「おたふく顔」と言ってくるのがすごく嫌でした。

ただ思春期になってくると私もそれなりにメイク術で顔を誤魔化せるようになってきます。そうすると顔のことを言えなくなった母が今度は私の胸をけなすようになりました。確かに私の胸は発育が悪かったです。中学生の頃に男子たちにそのことでからかわれたこともあります。でも母に「胸の発育が悪い」とか「私に似たらよかったのに」なんて言われるのはまた違います。これはすごく屈辱的で私のコンプレックスを刺激しました。中学生男子に言われるよりもずっと強く私の心に残っています。

このせいで今も胸の大きさにコンプレックスがあります。あれから成長してちょっとは大きくなりましたが、母ほどではありません。悔しくて悔しくて堪りません。母よりも大きい胸になりたかったです。

豊かな胸でも良し悪しがある

自分の胸について悩んでいることは「大きさ」と「形」です。

比較的胸が豊かな方なので、女性らしい体のラインになりやすい点は、体のラインが出るような服装をする際には重宝しています。また、女性らしさを持ち続けたいと思っているため、自信にもつながっています。

しかし、最近、市場に出ている服はデザインのせいか、比較的コンパクトに作られていることが多く、胸が押さえつけられて苦しい、無理に着ると胸が潰れてしまって形が悪くなることがあります。そのため、ワンサイズ大きい服を選ばなければいけなくなったりすることもあります。特に、冬場になると厚着をするせいでコートのボタンが止まらないということもあり、冬になると毎日服装に悩んでいます。

さらに、私の胸はハリがあるというよりはふにふにと柔らかいため、綺麗な形ではなく垂れ気味なことも悩みです。下着をつけている間は補正されるので、綺麗に見えますが、お風呂に入ったときなど鏡を見ると悲しくなります。もっとハリのある丸い胸になりたいと思って胸筋を鍛えるトレーニングをしたり、マッサージをしたりと気をつけているのですが、目に見える変化に乏しいです。年齢を重ねるごとにこれ以上形が崩れるのかと考えると今から憂鬱な気分になります。

昔はないのが悩み、今はあるのが悩み

小学校高学年のころから早い人は大きくなってくる胸。友達の中にも見るからに大きい!という友達が何人かいました。しかしそのころの私の胸は全然成長していませんでした。

よく胸の大きい姉からぺったんこっ!と笑われていました。それがコンプレックスだったのを覚えています。それは中学に入っても変わらなかったのですが、なぜか中学3年生ごろから急に胸が大きくなりました。

それまでは胸がないことがコンプレックスだったので始めは嬉しかったのですが、次第に今度は大きいことがコンプレックスになってきました。そのころはよく男子が胸の大きな子をからかっていたのです。

胸が大きくなるまでは他人事だったのですが、突然自分のことになりました。胸デカっ!と言われたり、ゆれてる~!とからかわれました。それがイヤで恥ずかく大きくならなくて良かったのにと何度も思いました。

そして胸が大きい事は大人になってからもコンプレックスのままでした。初対面の男性がまずは私の胸を見るのです。あ…また胸を見られていると思うと恥ずかしくて、なるべく胸が目立たない服を着て行くのですが誤魔化せていないらしくて。

しかも胸が大きいと下に下がってきそうでそれもイヤです。小さければそんな悩みはなくて済んだのにと思うとどうして突然大きくなってしまったのか、あのころのまま小さいままだったら良かったのにと思ってしまいます。

胸が小さいのが悩みです

わたしの胸についての悩みは、胸が小さいことです。学生時代は、そんなこと気にしたこともありませんでした。大人になるにつれて、自然と大きくなるものだと思っていたからです。

しかし、社会人になって2年目に、わたしは悩むようになりました。というのもその頃に、新入社員が入ってきたのです。「とてもスタイルのいい若い女の子が入ってきた!」と同期の男性社員たちが話しているのを偶然、耳にしてしまったのです。

それまで、自分の胸が小さいとは思っていましたが、コンプレックスでも悩みでも何でもありませんでした。ところが、その男性社員たちのうわさ話を聞いた瞬間、自分の胸が小さいことがとても嫌になりました。

しかも、新入社員の教育係はわたしになったので、たいていは隣にいて一緒に作業をしたり、話をしたりすることになります。そのうえ、うちの会社は制服があるので、隣に並んで立っていると、スタイルの違いは一目見たらすぐに分かるのです。その新入社員の子は全然悪くはないのですが、わたしはその子の近くにいると比べられるような気がして、そして、自分の胸がさらに小さく見えてしまうような気がして、一緒にいるのもストレスになってしまいました。

わたしの胸がもう少し大きかったら、あの新入社員にもっと優しくしてあげられたのかもしれません。胸が小さいせいで、人にやさしくできない自分が嫌になります。

小さい胸に憧れます!

わたしは自分の胸が大きいのが悩みです。

どうしてそれがコンプレックスになったかというと、今までの人生の中で、胸が大きくて得したことは一度もないからです。むしろ、損ばかりしているような気がします。

そもそも胸が大きいと、肩がこります。いつも重いものをぶら下げているような状態なので当然です。そして、胸が大きいということを隠したいといつも思っているので、姿勢が悪くなります。いつも猫背気味で歩いています。

さらに、胸が大きいとチュニックのようなデザインの洋服を着たときに、とても太って見えます。まるで冷蔵庫のように、大きな長方形の身体に見えてしまうのです。さらに、見知らぬ人からよく妊婦に間違えられます。そして、妊婦であることを否定すると、どことなく気まずい雰囲気になります。

また、洋服選びも大変です。どんなに、可愛いデザインの洋服があったとしても、胸が大きく見えるようなら、もしくは太って見えるようなら、絶対に買うことはできません。ブラウスなどの前側にボタンがついている洋服は、ボタンとボタンの間がひらいて下着が見えてしまうので、買うことはできません。しかも、そういうシャツタイプの制服を着なかればいけない職場では働くこともできません。

このように、胸が大きせいで不自由な思いをすることはたくさんあります。胸が小さいせいで不自由することは、ほとんどないように思います。だから、わたしは小さい胸に憧れます。